2016年 03月 10日     修二会 登廊

今年初めての登廊での撮影。

例年なら10日を過ぎると多くなりますが、
今年は比較的人が少ない気がします。

露出が難しいしピントが合わない。
これ、全て技術がないから。

c0350572_23375905.jpg
c0350572_23383154.jpg
c0350572_23385814.jpg
c0350572_23372344.jpg
c0350572_23372781.jpg

c0350572_23372944.jpg
c0350572_23395555.jpg
奥深いですね~
はまりますね~

撮影日:2016年3月10日

[PR]
by toshi8573 | 2016-03-10 23:41 | 奈良 | Comments(2)
Commented by たかこ姫 at 2016-03-11 14:54 x
闇の中での燃え立つ炎っていうのは、練行衆の方々の気持ちが
一点集中される序曲☆
炎で荘厳なお顔が映し出され、最後の火の粉の放出が
練行衆の祈り☆
そして色んな気持ちを持ち、ただ一心に
それらを見つめる人々。
あれからもう、5年の歳月
二月堂よりどうぞ!この祈りが東の方へも届いて行って欲しい。。。
Commented by toshi8573 at 2016-03-11 18:46
たかこ姫さん
5年前のこの日は会社で経験したことのないゆれを感じ、
目の前のTVに釘付けになって、
つなみが田畑を覆っていく様子を目の当たりにして、
映画か冗談と思っていました。

一向に進まない復興と言う言葉に、
これから先も託して行くのでしょうが、
何も出来ない自分に腹立たしい毎日です。
<< 月ヶ瀬 春の序章は終わっていた 桃源郷 ロケハン >>